No.1 松岡 太子 2011年入学

Vol.8
2年生
第9期生が、エッジ史上最高の仲間だと自信を持って言えます!

Q:ご卒業おめでとうございます!エッジでの2年間を振り返ってみてどうですか?
A:小・中・高校と学生生活を送ってきましたが、エッジでの学生生活2年間が一番あっという間に過ぎていった感じです。過ごしてきた時間が充実していたからこそ、そう感じるんだな・・・って思いますね。
正直、最初の頃は地味な実技勉強ばかりで挫折しそうな時もあって・・・でも仲間がいてくれたから挫けずに頑張れました。
同じ夢を持つ仲間だからこそ辛さも分かりあえるし、喜びも共有できるんですよね。
それがどれだけ自分自身に影響を与えてくれたか・・・本当に感謝しています。
頑張れば必ず結果として表れる、努力はきっと裏切らないって心から思いました。
Q:今後の目標は何ですか?
A:就職先が京都なんですが、お世話になる会社でアシスタントとして経験を積んで、多くのお客様から指名して頂けるトップスタイリストになりたいです。
目標や夢は声に出して言わなきゃ意味がないと思っているので、ちょっと大げさかもしれませんが「カリスマ美容師」になって佐賀に帰ってきます!!
Q:最後に「エッジ国際美容専門学校」とは松岡君にとって、どんな場所でしたか?
A:楽しい事ばかりだったかと言えば嘘になります。
美容師になるという事が簡単ではない事、生半可な気持ちでは技術も伴わないと身をもって学びました。
思い通りにいかなくて挫けそうな時もありましたが、夢を持ち続けられたのは仲間と過ごしたエッジでの2年間があったからです。
自分にとってエッジ国際美容専門学校は「絆」を感じる事のできた大切な場所・存在です。
きっと、これからも忘れる事のできない存在だと思いますね。
先生、そして大切な仲間に「ありがとう」と心から伝えたいです。